記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、kainです。
前回の更新から大きく時間が開いてしまい申し訳ございません。
仕事が繁忙期だったことと、全国に向けた調整を重ねていた結果、時間が捻出できませんでした。

もっとも、調整むなしく全国大会はボロボロだったわけですが……。

さて、今回は現時点での環境に多そうなデッキについて簡単な解説付きで書き出してみます。
とはいえ、環境の読みについては素人な私の解釈ですのであくまで参考程度に。

1.高天原
 新けーね2種から高天原を張り、ネクストヒストリーなどで龍神を出し、
 神代の記憶でライフを15にして一撃必倒を狙うコンボデッキ。
 高性能なサーチカードである昭和の雨、マナイカルガールがあるため安定感が高い。
 また、マナイカルガールの術者として小兎姫を採用しており、起動効果を無効にされてしまう。

2.妖精ビート
 12弾ルナチャイルドの効果で様々な妖精を展開するビートダウン。
 チルノによるピーピング、リリーブラックによるハンデス、マイナスKという単体除去に
 妖精大戦争という全体除去。リリーホワイトのドローや、妖精メイドによるサーチなど、
 できないことが何もないところから、非常に安定しているデッキである。
 最近は、数多くいるマナチャージャーから命蓮をだし、一気に削りきるタイプも。

3.絢爛ビート
 グレイズ0の集団でライフを削り、業火絢爛で蓋をするタイプの高速ビートダウン。
 ノードが多くても2の為、十王の激怒を採用して相手ターンの行動をとがめるほか、
 軽量除去を豊富に搭載してブロッカーを排除し、魅魔などで全体を強化して殴りきる。
 最近は、冥界から自分の能力で帰ってくる妹紅が、フィニッシャー兼繰り返し使える除去として
 搭載されている。

4.ノンコマンド
 コマンドカードを一切使わず、キャラクターとスペルのみで構成されたミッドレンジデッキ。
 スペルプレイをトリガーとした効果を持つキャラクターを多数搭載し、カードパワーの高さで
 相手を圧倒する。
 系譜として、夢幻伝説を使用したコンボタイプの物もある。

5.地獄
 地獄を参照するカード群を中心に構成されたデッキ。
 重コントロール型とコンボ型があり、コンボ型は最速2KILLすることも。
 地獄というカードが冥界メタとして機能すること、魔鏡を除外することで自動タイミングで
 コスト無しにキクリを展開できる点が非常に強い。

6.バニラビート
 本来のテキストを持たないキャラクターと、それをサポートするカードを中心に構成されたビートダウン。
 天使伝説によるサーチ・パンプアップ、1n1cの勇義によるドロー。静かの海のコスト軽減など多彩なサポートが強い。
 他、最近では鬼の楽園を搦め手として採用し、自身に不利なキャラクター効果を失わせ、強引に押し切る戦術も見られる。
 (自身は、勇義が鬼であるうえに他のキャラクターはもともとテキストがないため、相手に一方的なディスアドを強いることができる。)

7.妹紅藍ビート(全国1位型)
 繰り返し利用できる除去として、絢爛と同じく妹紅を使用。コマンドを多めに搭載して藍をいれ、発狂状態にして殴り勝つコントロール系ビート。
 除去を多めに搭載しているほか、冥界・地獄対策には慧音(ハクタク)を、コンボデッキやコントロールのドローへの牽制には朱鷺色の妖怪を採用し、
 ドローソースとして採用されている霖之助や強引な取引などと合わせて1:1以上の交換を狙う。

大まかにこんな感じでしょうか?

とりあえず、直近の大会にはこれらに対抗しうるデッキを(構築できれば)持ち込んでいきたいです。

では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。